実費が当たり前、どうして差額が…首ひねる議員

0
    JUGEMテーマ:社会の出来事
     

    国会議員の後援会などの政治団体が、支持者を対象に国会見学などのためのツアーを企画すること自体は珍しくない。「うち解けた雰囲気で議員の人柄を知ってもらえる」(自民党議員秘書)といった狙いがある。ただ、参加者から費用に見合った会費を徴収するのが通例だ。

     自民党の中堅衆院議員の秘書は「国会見学ツアーは旅行会社に任せており、後援会は支持者から代金を集めて旅行会社に渡すだけだ」と話す。このため、収支 が食い違うことはないという。また、同党参院議員の秘書は「旅行会社を通さずに後援会で1000人規模のツアーの面倒を見るというのは考えにくい」と指摘 する。

     閣僚経験のある民主党衆院議員の後援会の政治資金収支報告書では、支持者からの国会見学ツアー参加費収入が396万円計上され、旅行会社に支払った「国 会見学旅行代金」391万円とほぼ同額だった。この議員は「実費負担が当たり前で、小渕氏の場合はどうして巨額の差額が出るのか不思議だ」と首をひねって いた。

    不思議なお話です。



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

       
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    アマゾン

    楽天

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:1307 最後に更新した日:2017/08/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM